日本カルコン会合にて民間外交事業報告

昨年と今年にかけて6回に分けてオンライン開催されたキフジャパン・キフアメリカ・日本青年会議所主催「日米サブナショナル国際青年フォーラム」の提言報告を行う為、日本側カルコン年度末検討会合に、日本青年会議所国際グループ一行およびキフジャパンからは、小山田会長(オンライン参加)と渡部事務局次長が出席しました。

日米文化教育交流会議The United States-Japan Conference on Cultural and Educational Interchange)を通称CULCON、カルコン。カルコンは、日米両国の官民学からなる学識者を一堂に集めて両国間の文化・教育交流・知的交流に関する諸問題を討議し、文化・教育・知的交流分野での交流の増進と相互理解の向上について勧告を行うことを目的。

日本側カルコン委員長は、加藤良三元駐米アメリカ合衆国特命全権大使。事務局長は、伊藤実佐子氏。

 

 

 

0 Comments

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です